愛知芸術文化センター 開館20周年記念 パフォーミングアーツ公演

金の文化祭 in AICHI ~Golden Anniversary~

構成・演出 杉原邦生

愛知県芸術劇場 小ホール

11月3日(土)14:00~・19:00~

11月4日(日)13:00~・17:00~★

  ★最終公演終了後に、アフターイベント『後夜祭』を行います!!

『金の文化祭 in AICHI ~Golden Anniversary~』とは?

『金(きん)の文化祭 in AICHI ~Golden Anniversary~』は、

今年、開館20周年を迎える愛知芸術文化センターのパフォーミングアーツ記念公演です。

出演者・スタッフを広く募集し、経験や世代の異なる参加者が一丸となって、学生時代のメインイベント「文化祭」を舞台に、

ダンス・演劇・音楽などジャンルを超えたパフォーミングアーツ作品を創作します。

構成・演出は新進気鋭の演出家・杉原邦生。

劇場に足を踏み入れた瞬間からはじまる「文化祭」。

あなたも全力で青春を謳歌しませんか!?

目指すはサイコーに輝く「文化祭」。

友情、恋愛、勉強、部活、遊び、家族、夢、悩み、希望、挫折、未来への不安…

なんにだってMAXだったあの頃―。

あの感じ、いつの間にか忘れちゃってない?

青春時代が一番輝いてたってよく言うけれど、だったら、いまからもっと輝けばイイじゃない!!

大人になったからって、ただがむしゃらに打ち込むこと忘れちゃったら、

それってちょっと寂しいよね…。だって、なんだってやったもん勝ちっしょ!?

だから、NOW!やってやる。金色に輝いてやる。

2012年文化の秋に名古屋でブチかます、なんでもありのギンギラMAX!金色パフォーミングアーツ公演。

さあ、一緒に楽しんじゃいましょう!!

 

演出・構成 杉原邦生

演出・構成  杉原邦生:Kunio Sugihara

演出家・舞台美術家/KUNIO主宰、木ノ下歌舞伎企画員。1982年東京生まれ、神奈川県茅ケ崎育ち。EXILEファンクラブ “EX FAMILY”会員。人を喰ったような生意気さとポップなバランス感覚を兼ね備えた演出が特徴。歌舞伎演目を大胆な演出で現代劇として蘇らせた 木ノ下歌舞伎 『勧進帳』(2010年)や、上演時間が8時間以上に及ぶ大作 KUNIO09 『エンジェルス・イン・アメリカ』(2011年)など、話題作を次々と発表。また、東京・こまばアゴラ劇場が主催する舞台芸術フェスティバル<サミット>ディレクターに2008年より2年間就任。2010年からは京都国際舞台芸術祭 KYOTO EXPERIMENTフリンジ企画でのコンセプトを担当するなど、持ち前の「お祭好き」精神で活動の幅を広げている。

出演者

・浅井はつ子・入富村知沙子・植村真・右角81・エルビン・尾内陽香・加納佐俊

・河津綾花・才木由美子・島林瑞樹・釈迦・白木ちひろ・杉山絵理・高畠千夏

・田中絵理子・玉川裕士・とおやま優子・トリエユウスケ・中村繁之・那須拓真

・畠中直美・服部哲郎・平尾義之・堀江善弘・前田扶美子・マダム・松永雄一

・三輪亜希子・森さえ・山形龍平・寄松沙桜李・渡邊智美

金の文化祭 実行委員

・麻原奈未・伊藤美笑子・伊藤里紗・小林由梨佳・滝絢名

舞台監督 井上友也

照  明 博章(ステージクルー・インパクト

音  響 金井恵莉(ステージクルー・インパクト

 

アートマネジメント実践実習講座生

・伊藤寛隆・岩田千鶴・加藤仲葉・菅井一輝・菅井美帆・原皐・堀川佳澄・安井友美・山田訓子

 

【チケット】全席自由

一般 (前売)2,800円、(当日)3,000円
高校生・大学生・専門学校生(25歳以下)2,000円
シニア(65歳以上)2,000円  小中学生1,000円

 ※未就学児は無料。ただし、席を必要とする場合は有料。
 ※一般以外のチケットは、前売・当日同額

 

【チケット取扱】

愛知芸術文化センタープレイガイド  052-972-0430
チケットぴあ(Pコード 423-612)  0570-02-9999

 

【金の文化祭 愛知芸術文化センター 詳細ページ】

http://www.aac.pref.aichi.jp/bunjyo/jishyu/2012/12golden/index.html