FM AICHI『ラブリーストリート』に杉原邦生さん出演しました!

1023日(火)のFM AICHI『ラブリーストリート』に、演出家の杉原邦生さんが出演しました!パーソナリティーの柿元恵美さんと15分間のトークをし、『金の文化祭 in AICHI』についてお話させていただきました。お聞きいただけたでしょうか。

 

番組冒頭では杉原さんの「ディズニーランド好き」の話にかなりの盛り上がりをみせる場面も。『金の文化祭 in AICHI』についてももりだくさんの内容でトークは進み、あっという間の15分。柿元さん、ありがとうございました!

 

そして、今回トークの中で話されていた『金の文化祭 in AICHI』についてのお話を、こちらのブログでもご紹介したいと思います!

 

愛知芸術文化センター開館20周年を記念して、愛知で活躍する若いアーティストや一般の方々と一緒に作品を作るという今回の企画。この企画にアーティストとして呼ばれたのが京都を拠点に東京でも活躍する演出家の杉原邦生さんです。

8月末の参加者募集オーディションには、ダンサー・俳優・音楽家・主婦・学生…と経験もばらばら、年齢も12歳から72歳までと幅広い経歴を持つメンバーが集合。オーディションでは杉原さんが普段どんな作品づくりをしているかを体験してもらいつつコミュニケーションをとっていきました。そこから選ばれた32名の出演者全員に共通しているのは「舞台で何かをしたい!」という熱い情熱。そんなメンバーを杉原さんが現在、まとめてあげています。

 

まとめた方法のひとつは「全員をチーム分けして、5分間くらいの作品をつくる」というワークショップです。毎回違うチームで創作することでお互いのことを知り、そこに杉原さんがフィードバックを与えることで全体の創作に向かう姿勢をつくりあげました。そうしてみんなでつくった作品の中から杉原さんがピースを集めて構成をし、演出して今回の公演はつくられています。

 

『金の文化祭』の公演テーマはズバリ「青春」! それにまつわるいくつものシーンが次から次にオムニバスで展開されていく、一種のショーのようなジェットコースター・エンターテイメント!踊りあり、お芝居ありとパフォーミングアーツがどんどん展開していき、90分間飽きずに楽しんでいただける作品になっています。

 

更には「文化祭」というタイトルそのままに、ロビーにもさまざまな出店が出現!ロビーから舞台まですべてが「文化祭」となり、愛知芸術文化センターの20周年を祝います。演出する杉原さん自身も出演し、参加者と一緒にお祝いするこの公演。もちろん、来ていただくお客さまにも劇場の空間で一緒に楽しんでもらうため、出演者・スタッフ共々情熱たっぷりに手掛けています。

 

また現在製作中のこの公演は、1027日土曜日に3回にわたって稽古見学を行います。めったに見ることのできない創作現場である稽古場で、公演をつくりあげるための演出方法や、関わる人々の熱量を感じとっていただき『金の文化祭』をより一層楽しんでみてください。

最初の12時からの回では、杉原さん本人による作品についてのプレゼンテーションがあります。この回は一番人気があるので、気になる方はぜひお早めにご予約ください!

稽古場見学会の詳細、予約は【スペシャルページから受け付けています!

 

そんな愛知芸術文化センター開館20周年記念パフォーミングアーツ公演『金の文化祭 in AICHI』、いま愛知で一番面白い作品をお届けするので、ぜひご期待ください!